子育てお困りごと相談

子育てママに聞きたい!自分の時間の作り方ってどうしてる?(後編)

毎日が目まぐるしい子育て中のお母さん。
自分の時間を上手に確保している人は、どんな方法を利用しているのでしょうか?

後編では、徐々に普及してきている一時保育の利用についてご紹介します。

▶︎前編はこちら

便利な公共のシステムを上手に活用しよう

ご自分の生活サイクルを検討してもやっぱり自分の時間を作るのは難しいわという方には、公共システムの活用もお勧めです。

通常ワーキングママのご家庭では、お子さんが保育園に行っている場合が多いと思いますが、実は保育園に行っていないお子さんでも一時的に預かってくれる所がある事をご存知ですか?

保護者の病気・入院や冠婚葬祭、育児疲れによる心理的・身体的負担の軽減、又は裁判員制度による裁判員候補者・裁判員(補充裁判員を含む)として裁判への参加など、緊急・一時的な保育需要に対応するため、市内29か所の認定保育所(園)、4か所の小規模保育施設及び2か所の先取りプロジェクト認定施設で「一時預かり事業(不定期利用)」を実施しています。

(引用:千葉市役所HP)

病気や冠婚葬祭以外に育児疲れという項目も用いられており、現在の一時預かりは非常に柔軟に対応してくれます。利用方法については実施保育園へ直接問い合わせをして空きを確認する必要がありますので早めに予約を取っておきましょう。

千葉県の場合ですと月に7回という規定があるようですが、お住まいの地域ごとで要件等が決まっているようですので合わせて市役所で確認しておくといざという時に頼りやすいでしょう。

一時預かりの予約はウェブサイトでも!

どこの園で一時預かりを実施しているかわからないという方や、一件一件空き状況を確認するのが大変という方にはCoPaNaというサイトもお勧めです。

一時預かりを実施している保育園が一覧でわかりますのでお近くの保育園を探しやすいですし、ネット予約も出来ますので時間を気にせず予約を取る事が出来ます。緊急で一時預かりが必要な方やいつも預けている保育園がいっぱいで困ってしまったなんて場合にも一役買ってくれそうですね。

(参照:リクルートホールディングス CoPaNa HPより)

私の周囲にも、定期的にお子さんを預けて一人の時間を作りながら子育てをしているお母さんもいらっしゃいますが、この時間に何をしようかなと考える事で日々の育児家事にも専念できるようになったそうです。

まとめ

いかがでしたか。子育ては24時間ずっと気にしていなければいけなくて、ママは本当に疲れてしまいます。しかし、それはこれから何年もずっと続くことになり、その中で自分の時間を作っていく事は大変だけど大切な事だと思います。是非、色々な方法を試してご自分の中の最適な方法を見つけてみてくださいね。

LINEで送る