コラム

冬の冷えで凝り固まった体にオススメ!体を温めるしょうがレシピは?

冬は寒さで体が芯まで冷えますよね。冷えは体の不調をまねく大敵です。寒い日でもポカポカ温まった体を保つためのケアが必要。特に運動をあまりしない方は、筋肉運動が1日の中で少ないため熱を生み出す機会が減ります。そんなときこそ体を温める「しょうが」を使用したレシピを活用して、寒い冬の温活をしましょう。

1.ハニージンジャーティー

材料:はちみつ・フルーツティー・しょうが(チューブorすりおろしたもの)

朝の起き抜けや、就寝前におすすめのハニージンジャーティー。はちみつはお砂糖の代わりに使用します。100%オーガニックのものを使用すればなお、体にいいですよ。メープルシロップもおすすめです。フルーツティーはアップルやレモンなど、お好きなティーパックを使用します。しょうがは添加物の心配が無いすりおろしたものがおすすめですが、手間がかかるためチューブでもOKです。

レシピは簡単で、全てをお好みで混ぜ合わせるだけ。甘さのあるフルーツティーはしょうがの辛さをマイルドにします。レモンや柑橘系はすっきりとした仕上がりで、しょうがとの相性もいいのでおすすめです。お砂糖代わりに使用するはちみつにはビタミンやミネラルも含まれているため、乾燥しやすい寒い季節のお肌ケアにも効果的です。ホットでつくり、朝晩の冷えやすいからだを美味しく温めましょう。

2.しょうが入り豚汁

材料:豚汁、しょうが(チューブorすりおろしたもの)

野菜たっぷり具沢山の食べ応えある豚汁に、しょうがをすりおろすだけの簡単レシピです。しょうがはお味噌汁やスープなどの汁物との相性がとてもいいので、毎日の食卓にすりおろしたしょうがを用意しましょう。

豚汁に使用する豚肉は疲労回復にも効果的な栄養素を含みます。糖質の代謝を促し、細胞の活動を活性化させるビタミンB1が豊富です。その例として、体に蓄積された糖質を使用してエネルギーを生み出してくれるため、肌の再生などの様々な美容・健康効果が期待できます。

そんな豚肉としょうがの組み合わせは冬の冷え解消にも最適。体を温めながら、豚肉で体内の糖の代謝を促すことで、余分なエネルギーを燃やし、熱を生み出す効果が期待できるのです。寒い冬のエネルギー源としても栄養満点な、しょうが入りの豚汁がおすすめです。

3.ジンジャーホットヨーグルト

材料:ヨーグルト(プレーンの無糖がおすすめ)、しょうが

ジンジャーホットヨーグルトは材料を混ぜ合わせるだけの簡単レシピです。寒い冬はホットヨーグルトにジンジャーをプラスして温活しましょう。ホットヨーグルトは、冷たいヨーグルトよりも胃腸の活動を高め、負担を減らすとされています。そのため、便秘に悩む方や胃腸が弱い方にもおすすめ。さらにホットヨーグルトは、しょうがと組み合わせることで冷え解消効果も期待できるのです。

ヨーグルトはプレーンにしてカロリーを抑え、ヘルシーにいただくのがおすすめ。しょうがを入れることで少し大人な味わいになるので、甘さがほしいときは、はちみつを使用しましょう。500wのレンジで1分程温めていただきます。

朝ごはんやおやつとしてもおすすめですが、夜食べることで寝ている間の効率よいカルシウムの吸収を促す他、整腸作用も期待できます。さらに就寝前のジンジャーホットヨーグルトで体をあたため、心地よい深い眠りを促しましょう。

すりおろすだけの簡単しょうがレシピで冷えた体を温めよう

しょうがはすりおろすだけで簡単に料理や飲み物、デザートにプラスすることができます。しょうが独特の風味や辛さが意外と何でもマッチするので、すりおろしておけば混ぜるだけで体あたたまるしょうが料理が出来上がります。心も体も温まる、混ぜるだけ簡単しょうがレシピ、是非つくってみてください。

LINEで送る