子育てお困りごと相談

新米パパ必見!ママが手伝ってほしい子育てはこれ!

「初めてパパになった」または「これからパパになる」という新米パパ。お腹ですでに育児を始めているママと違ってなかなか実感がわかなかったり「何かしよう!」と意気込んでもさて、何をどうしていいのかと迷ってしまったり…。

今回はそんなパパ必見!先輩ママが「パパにやって貰って嬉しかった子育て」をご紹介します。パパだけでなく何を頼んだらいいの?と悩めるママも是非参考にしてみて下さいね。

パパ子育て①遊び相手

パパの体力は一番の育児サポート!育児をする上で一番大変なのは「赤ちゃんの抱っこ」。産まれたばかりの赤ちゃんの体重は約2~3キロ。少しの間、抱っこしているだけならそんなに大変さはわからないかもしれません。ですが、ママの抱っこは料理中や洗濯中、時にはトイレの中までも…何時間もずっと続く時があります。常に気を使いながらの抱っこは体力も神経も使いママはへとへと。

そこで、パパの出番です!ママをちょっとでも赤ちゃん抱っこから解放してあげましょう。パパの抱っこで赤ちゃんが泣いてしまっても、そこでママに返してしまうのはちょっと待って。抱っこじゃなくてもベビーカーで外をお散歩したら気分転換になるかもしれません。パパに慣れてきたら遊び相手にもなってあげましょう。子供はパワー系の遊びが大好きですし、小さいうちから関わっていく事で一緒に出来る事が増えていく成長を感じる事もできます。遊び相手は立派な子育て!どしどし参加してください。

パパ子育て②お風呂に入れる

次に嬉しかった子育ては「お風呂に入れてくれること」。毎日お子さんに危険が無いように確認しながら入るママのお風呂はバタバタです。中には目をあけながらシャンプーをするという達人ママも。烏の行水よりもスピーディなママのお風呂。これでは一日の疲れをとっている暇もありません。

そんな時に嬉しいのが「パパのお風呂」。パパがお仕事から早く帰った日やお休みの日には、是非「赤ちゃんと一緒のお風呂タイム」で子育て参加をしてみましょう。初めはママに教えてもらっても大丈夫。赤ちゃんはお水遊びが大好きですから、お風呂で遊べるおもちゃもお供に赤ちゃんとのバスタイムを楽しんでみて下さいね。そしてママにはたまにはゆっくりお風呂に入ってもらえるようにお風呂から出たらそのまま遊び相手もしてあげましょう。パパママが共働きで働いている方も多いですから、パパがお風呂に入れてくれればママも他の家事が出来るので大助かりですよ!

パパ子育て③寝かしつけ

個人的に一番難易度は高いけれど嬉しかったはこれでしょうか。子供の寝かしつけにはその子独自のルールがあるような気がします。指しゃぶりでねんね、お気に入りのタオルでねんね…など兄弟児でもこの癖は違うのですが、大変なのはママのおっぱいがないと寝られない子やママの足に触れていたいなど「ママ」が必要な寝かしつけ癖を持つ赤ちゃんでしょう。こんな赤ちゃんの寝かしつけをパパがトライするならばどのような方法が良いのでしょうか。

おすすめしたいのは、暗くして泣いている赤ちゃんを無理に寝かしつけようとしない方法です。まだ体内時計がきちんと整っていない赤ちゃんを時間通りに寝かしつけるのはなかなか難しいのが正直な所。もちろん徐々に規則正しい生活に慣れさせていく事は大切ですが、沢山遊んで、何気なくパパが抱っこしていたら寝ちゃった…という「パパでも寝る」経験をパパにも赤ちゃんもする事で「絶対にママじゃなきゃ嫌だ」というねんね壁を取っ払う事が出来るのです。パパ方式の面白い寝かしつけを是非見つけてみて下さい。

まとめ 子育てに苦手意識を持たないで!

いかがでしたか。初めての子育てはわからないことだらけで不安になる事もあるかもしれません。でもそれはパパだけじゃなくママも同じ。赤ちゃんの事を考えて夫婦で試行錯誤していく過程すべてが子育てですし、だからこそ誰よりも赤ちゃんの事をわかるようになるんですね。将来、「あの時は夢中だったよね!」と笑って振り返れるように精一杯のジタバタを楽しみましょう。

LINEで送る