子育てお困りごと相談

遠くの親族より、近くのママ友!ママ友付き合いのコツ

ママ友を作らなくてもなんとかなる?

答えは「YES」。ママ友がいなくても、子育てはできます。だけど、ママ友がいれば子育てをしやすくなるのも事実。

ネガティブなイメージをもたれがちなママ友付き合いですが、良い関係が築けるととても心強い存在になるのです。
「うまく付き合えるかな・・・」と悩みを抱えているママにはぜひ読んでほしい、ママ友ライフの攻略法をまとめてみました。

ママ友付き合いのコツ

ママ友とうまく付き合うコツを具体的に挙げてみると、

・一緒にいるときは、相手のこどもを優先する
・ママ友の子育てに干渉しない
・困っていたらできる限り協力する
・お礼やお返しはしっかりする
・家庭のことについて踏み込んだ質問はしない など。

ママ友のこどもより自分のこどもが一番大切なのは当然で、「母親」という壁を越えて付き合うことは難しいかもしれません。

友達というよりも、子育てという同じゴールを目指す同志でいることがよい関係へのきっかけとなるのではないでしょうか。

ママ友は本当に必要?

ママ友の必要性を感じるようになるのは、こどもが保育園や幼稚園へ入園してから。

休日に遊ぶ友達が欲しいから、育児の悩みを相談できる相手が欲しいからといった目的でママ友関係を築くことも子育てをしていくうえでとても有意義なことですが、このような側面以外にママ友付き合いをしていてよかったと思うことがあります。

こどもは成長するにしたがって、ケンカやけがなどこども同士でのトラブルが増え、「ケンカは両成敗」だとか「こどものやったことだから」で、済むことだけではなく親の責任が問われる場面も出てきます。

日常的にコミュニケーションがとれている相手であれば、価値観を理解しているので大きなトラブルにはなりにくいもの。

誰の手も借りずに、迷惑をかけずに子育てをすることは難しく、「お互いさまだから・・・」と言えるのも、相手がママ友だから。

ママ友付き合いは面倒だと諦めずに、トラブルのリスクを減らすためにも少し勇気を出してみてはいかがでしょうか。

ママ友付き合いをうまく始めるには?

昔は臆することなく誰とでも友達になれた方でも、“ママ友”となるとどうしても身構えてしまうものではないでしょうか?中には、メディアなどで取り上げられるママ友に関するマイナスの情報によって、恐怖心が植えつけられている方も多いと思います。

これからママ友ライフがはじまるという方にまず伝えたいことは、

そこまで身構える必要はない、ということ。

ママ友は怖いという畏怖の念から、卑屈になり顔色をうかがってばかりではうまくいきません。こどもがいるからこそどのママもお互いうまくやっていきたいと思っています。

不安なのはみんな同じなのだと、自信をもって堂々とママ友ライフをスタートさせましょう。

まとめ

遠くの親族より、近くのママ友。

ママ友を作るにあたって良いことや楽しいことばかりではないかもしれませんが、子を持つ親として本当に力になってくれる方もたくさんいるのです。

ママ友付き合いに関わらず、どの人間関係においても親しき仲にも礼儀ありという心得は必要ですよね。

あまり敬遠せずに、ぜひママ友付き合いを楽しんでみてはいかがでしょうか?

LINEで送る