子育てお困りごと相談

育休明け、職場復帰の際に気を付けること3つ

待ちに待った育休明け。子育てに専念していた期間が終わり、いよいよ職場復帰です。この日を楽しみにしていた人もいれば、少し不安に感じている人もいるでしょう。

「仕事についていけるかな?」「子育てと仕事の両立はできるかな?」といった不安はつきものですが、心配しすぎることはありません。職場復帰の際に気を付けるポイントをしっかり押さえておけば大丈夫ですよ!

スケジュール管理

職場復帰を成功させるには、きちんとしたスケジュール管理が重要です。フルタイムの場合はもちろん、時短制度やパートの場合でも同じ。ワーキングマザーは保育園へのお迎えなどがありますから、残業や休日出勤はできません。もし、産前に時間外の仕事が多かったのであれば、自分の働き方を見直してみるチャンスです。

スケジュール管理のコツとしては、「今日やるべきこと」「優先すること」などをタスクでまとめ、作業の目標時間などを細かく設定すると良いでしょう。やるべきことが明確に分かるので、だらだらと仕事をすることがなくなります。

職場復帰後に一番避けたいのは、「自分の仕事が時間内に終わらず、残業もできない…」という状況。周りに迷惑をかけてしまっては、せっかく職場復帰をしても周りも自分も居心地が悪くなってしまいます。自分がやるべきことをいつも把握しておくことが大切です。

子どもが病気になった時の対応

両親が近くに住んでいない場合、子どもを保育園に預けて職場復帰をするママも多いでしょう。子どもにとって保育園はとても楽しい場所ですが、集団生活なので病気をもらいやすいのが難点です。インフルエンザや胃腸炎、手足口病など、保育園で流行する病気は一年中あり、かかってしまうと数日~1週間くらい保育園を休まなければならないこともあります。その場合、ママとパパのどちらが会社を休むのか、予め決めておけばトラブルになりません。

また、保育園からの急な呼び出しの時も、どちらがお迎えに行くのかをきちんと決めておきましょう。預け始めの頃や年齢が低いうちは、良く熱を出すものです。いつもママかパパのどちらかだけが対応していると負担が大きく夫婦喧嘩の元ですので、お互いに協力できると良いですね。

家事の分担をする

職場復帰後は、家事がおろそかになってしまいがち。でも、自分を責めることはありません。慣れない育児と久しぶりの仕事で毎日クタクタなのに、産前の頃のような家事ができるはずもないのです。何でも完璧に、自分でやろうとしてはダメ。職場復帰をスムーズに成功させるには、「無理をしない」ことが大切だからです。そのためには、パパにも家事を手伝ってもらいましょう。

ただ、家事に抵抗のある男性も多いはず。「私も働くから家事を手伝ってよ」と押し付けるのではなく、「手伝ってくれたら嬉しいな」とさりげなくアピールすることで、パパも気が向くでしょう。最初はゴミ出しや整理整頓、テーブル拭きなど簡単なことから手伝ってもらい、慣れてきたら食器洗いや風呂掃除などをお願いすると良いですよ。パパに家事を手伝ってもらうときは、褒めることを忘れずに!褒められるとまたやろう、という気持ちになるものです。

まとめ

いかがでしたか?職場復帰後に気を付けることを3つ紹介しました。育休明けは何かと不安も多いですが、周囲と協力すれば大丈夫!一人で頑張ろうとせず、保育園や家族、職場の同僚や先輩などに大いに頼って、大変な時期を乗り越えていきましょう。

LINEで送る