保育園

無事入園決定…でもまだ気を抜かないで!ストレスフリーな保育園生活を迎えるための“一歩先の備え”

新年度からの職場復帰を目指し、入所申請を経て入園できる認可保育園が決定するのはたいてい2月に入ってからです。

入園準備といえば入園グッズを揃えることばかりに注目しがちですが、フライングして入園説明会の前にグッズを揃えてしまうと、買い足さなければならないことや逆に必要ないものまで購入してしまう場合があります。

4月からの新生活を万全な態勢でスタートするために今からできることは、+αの用意。

ストレスフリーな保育園生活を迎えるため、“一歩先の備え”をご紹介していきます!

入園前に始める慣らし保育

入園後、まずは短時間の慣らし保育から始まります。
短時間と言えども、いつもママとすごしていた子供にとっては天変地異の一大事。

「園にいる間、ずっと泣いていました」とお迎え時に先生から聞くとママも泣きたくなります。
子供のストレスを少しでも軽減させるために、徐々に社会生活に触れる機会を設けていきましょう。

具体的には、役所などの育児支援イベントや園庭解放など、他のお子さんがたくさんいるイベントは定期的に開催されています。
この機会に、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

万が一の病気に備える

慣れない保育園生活を始めた子供は病気にかかることが多く、特に未満児は頻繁に体調を崩してしまいます。

どの季節もいろいろな感染症が流行るものですが、ウィルスが蔓延しやすい冬はインフルエンザをはじめノロやロタなど、重い症状のうえに完治に時間がかかる病気が多いですよね。

職場復帰した途端に子供が罹患して数日の欠勤、というのは良く聞く話。

子供も自分もツライ・・・こんな事態にならないために、予防接種は積極的にかつ計画的に接種しておきましょう。

また、子供が病気なのにどうしても仕事を休めないという日に備えて、病児・病後保育へ登録してみてはいかがでしょうか。
実際に利用しないかもしれませんが、頼れる場所があるだけで心強いですものですよね。

揃えておきたい便利グッズ

入園するなら絶対に必要!とまではいかないものの、揃えておくと保育園生活がグッと楽になるグッズをご紹介します。

手軽にネット通販で購入できるので、チェックしてみてくださいね。

お名前スタンプ


https://jp.pinterest.com/

保育園にもっていくグッズには、「え!これにまで?」と思うようなものにも記名が必要。

私物を園内で紛失してしまったとき、先生からの第一声は「お名前書いてありましたか?」という質問から始まるのです。

記名は鉄則!ということで、入園準備時には大量の記名作業が伴うために布やプラスチックにも押せるお名前スタンプがあるととても重宝します。

紙おむつ1枚ずつにも記名が必要な保育園も多く、記名作業との戦いは入園後も続くのでおすすめです。

レイングッズ

自宅から保育園まで徒歩や自転車、バスや電車の公共機関を利用する方がいずれ直面する悪天候の壁。

晴れの日は、

“通勤かばんと保育園バックをもって、子供を保育園へ送り出す”

なのですが、これが雨の日ともなると、

“荷物と子供を抱えながら傘を担いでどうにか保育園へたどり着く”

になるのです。

まさに自然の猛威・・・傘1本では体も荷物も雨の攻撃から身をかわすなんて至難の業なのです。

そこで用意しておきたいのがレイングッズ。
ママ用のレインコートとレンブーツは定番ですが、そのほかにもレインカバーを取り揃えておくと安心です。

ベビーカーを始め、抱っこ紐用やカバン用にもレインカバーあると、雨の日も雪の日も通園が楽になります!

まとめ

入所承諾書を手にするまでは希望する保育園に入園できるのか、そもそも入園できるのかも分からず不安な時間を過ごした反動で、入園先が決定するとなんだか気が緩んでしまうもの。

入園と職場復帰は同時に訪れるので、新生活のスタートが近づくほどに心にも保育園のことだけに専念できなくなってきます。

心にも時間にも余裕があるときこそ、不安のない保育園生活を始めるために+αのご用意をお忘れなく!

LINEで送る